BIM総合デザインセンター

BIM、建築構造設計、耐震診断、解析などの情報発信ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIMによる設計手法の可能性を探してみませんか。

20170509080035a6c.jpg20170509080032853.jpg

20170509080031e74.jpg

「BIM総合デザインセンター」では、今始まったばかりの建築物省エネ法に対しても、十分な検証をすることが可能です。BIMの活用により、意匠設計者と構造設計者と設備設計者が、協働して同じデータを共有することで、図面の不整合を無くすことができます。建設現場での設備や構造などの納まりの調整なども、事前に、BIMの3Dによるバーチャルリアリティーな立体データにより、フロントローディングにていわゆる作業の前倒しが可能となり、建設工程にも画期的な変革がもたらされます。

スポンサーサイト

BIMによる感動のプレゼンテーションを体験できます。

20170501214154105.jpg
2017050121415250c.jpg
20170501214152adf.jpg

「BIM総合デザインセンター」は、まるで実際の建物を見ているかのような錯覚をしてしまうほどにリアリティーあるパースやVR動画により、お客様との打ち合わせに、感動さえも与えてしまうほどのプレゼンテーションを体験できます。
バーチャルリアリティーは、もはや建築の世界には当たり前になりつつあります。当社の高度なBIM技術で、貴社のプレゼンテーション能力を画期的にアップしてみませんか!

BIMによるプレゼンテーションで営業力をアップしませんか。

20170426080653028.jpg
201704260806549e2.jpg
20170426080651eeb.jpg
2017042608064945d.jpg


BIMによるプレゼンテーションでは、お客様との打ち合わせ時において、双方の建物に対するイメージを共有することが可能になり、施工後のトラブルなどが画期的に減少します。今は、紙にスケッチを描いて、お客様にとっては分かりにくい説明をする時代ではありません。当社のBIM技術を活用していただき、スムーズな建築デザインの提案を体験してみませんか。

BIM活用業務の一部をイメージでご紹介しています


当社の「BIM総合デザインセンター」の
プレゼンテーション用の動画を
「You Tube」にアップしておりますので、ぜひご覧ください。






「BIM」による設計を設備のメンテナンスに活用しています。

20170421132929e4b.jpg
201704211329289b3.jpg
20170421132925476.jpg

公共施設の宴会場の設備のメンテナンスに、当社のBIM技術が採用されて、効率的に施工管理ができ、作業員のスペースがあるかなど、バーチャルリアリティーに現場を施工前から再現して、作業のフロントローディングに役立っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。