BIM総合デザインセンター

BIM、建築構造設計、耐震診断、解析などの情報発信ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震リスク評価 「シナリオ地震・地震動の応答スペクトル」

2015022520451500c.jpg
20150225204516e62.jpg

南海トラフ巨大地震の発生確率が、今後30年間で70〜80%と予測されています。活断層を考慮した地震ハザードマップを活用しています。

地表面の増幅された地震波による応用スペクトルを距離減衰式による計算で求めます。

応用スペクトルにより、建物の地震時応答推定が可能となります。

スポンサーサイト

地震リスク評価センター 「地震リスク診断」の必要性

201502241538211ca.jpg
201502241538205d4.jpg

「地震リスク評価センター」では、近い将来に予測される 南海トラフ巨大地震の被害に、最小限のリスクで対応するための地震リスク情報を、企業の皆様にご提案しています。

耐震診断➕耐震補強工事だけで、建物や設備は安全でしょうか? 大地震が発生した時の企業の復旧までの時間がかかればかかるほど事業継続が困難になります。

更に地震リスク評価を行うことで、PML(災害時の最大損失率)を経営者が把握でき、企業のBCP(事業継続計画)が高い精度で実現できます。

BIM (ビルディング インフォメーション モデリング)の活用法

201502232021273e3.jpg
201502232021269ce.jpg

BIMは、プレゼンテーションのみではなく、施工図にも活用できます。

鉄骨造のボルト穴やダイアフラムまで正確にBIMに入力することで、

構造計算にもリンクして設計の能率アップにつながります。

積算の数量拾いにも時間をかける必要はありません。

概算用の構造躯体のメンバーや、CD(躯体費用のコストダウン)にも利用できて、後戻りがありません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。